お料理にはやっぱり「ガスコンロ」

キッチンのコンロや給湯器などの設備を取替えするとき、ガスにするのか電気にするのかで迷ってしまうことありませんか?
最近は、クリーンで安全ということでIHクッキングヒーターやエコキュートなど電化設備の人気が高まっていますが、実際の使い勝手はどうなのでしょうか。そこで、お料理用のコンロをテーマに「ガスコンロ」と「IHクッキングヒーター」を比較してみました。


  LPガス
「ガスコンロ」


gas-konro.jpg

電気
「IHクッキングヒーター」


IH-konro.jpg

加熱のしくみは、どう違うのか?
炎で鍋を直火で加熱するため、強火でパワフル。
フライパンなどの鍋振りもOK。
お料理も、IHに比べ早く仕上がります。
金属鍋を置くと磁力線が働いて、鍋そのものが熱くなり加熱します。
ヒーターの上に鍋を置かないと加熱できないため、フライパンなどの鍋振りができません。
加熱に時間がかかるため、お料理の仕上がりも遅い。
やけどの心配はないの?
炎が見えるため、お子様やお年寄りにも安全です。
火加減も、目で見て確認し調節できるので安心で確実です。
目で見て熱さが伝わりませんので危険です。
ヒーターそのものは発熱しませんが、天板が熱くなるため注意が必要です。
どんな鍋でも使えるの?
鍋の材質や形状にも制限されず、どんなお鍋でも使えます。
nabe-maru.jpg
土鍋や中華鍋のような丸い底のお鍋は使えません。
nabe-batsu.jpg
電磁波が出るの?
電磁波はでません。
体への影響がなくて安心です。
携帯電話の数百倍もの電磁波が出ます。
胎児への影響も考えられ、とても心配です。
お料理しやすいのはどっち?
軽くて小さい鍋も使用できます。最近のコンロであれば、立消え安全装置や過熱防止装置なども付いていますので、「うっかり」も安心です。
使用できるのは、鉄製と有磁ステンレス製のお鍋。専用鍋は全般的に重く、お年寄りやお子様には不向きです。

やっぱりお料理は「ガスコンロ」ですねぴかぴか(新しい)

最新式の「ガスコンロ」は、安全機能はもちろんのこと、るんるんデザインるんるんも選べます。

Mytone.jpg
災害時伝言ダイヤルのご利用方法
 災害時伝言ダイヤルは災害発生時のみ利用可能になる「声の伝言板」です。このサービスは、電話がつながらない時にも利用することができ、安否確認に役立ちます。自宅の電話や公衆電話、携帯電話から利用できます。

■ 災害時の伝言ダイヤル「録音方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「1」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
■ 災害時の伝言ダイヤル「再生方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「2」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
※伝言は、自宅の電話番号を知っているすべての方が聞くことができます。聞かれたくないメッセージを録音する場合はあらかじめ暗証番号を決めておく必要があります。