家庭でECO 地球環境に優しいお湯づくり(ガス代もお得)

家庭で効果の大きい省エネは、家電製品だけではありません

 【 ポイント@消費されるエネルギー 】
家庭で消費されるエネルギーの「約1/3」は、給湯にあります。
syouhi_energy.gif


ポイントA待機時 消費電力量 】
家庭内の待機時消費電力量の20%は、
ガス温水機器
(ガス給湯器、ガス瞬間湯沸器)
が占めています。
taiki_energy.gif


   ここがポイント  
つまり、家電製品の省エネだけでなく、「給湯の省エネ」がこれからの環境対策の大きなポイントです。

「給湯の省エネ」を実現するのが「エコジョーズ」

eco_jozu_logo150.gifリンナイの「エコジョーズ」は、お湯を使用しているときも、使用していないときも、ダブルでECO


 お湯を使用しているとき

「エコジョーズ」のメリット@
  エネルギーのムダがなくなる    熱効率を95%にアップ

排熱の有効利用で、賢い省エネできました。
画像クリックで拡大
eco_jozu_shikumi.gif従来の給湯器では熱効率は約80%程度でした。「エコジョーズ」は、今までムダにしていた、お湯を温めるときに出る高温の燃焼ガスを再利用し、あらかじめ水を温めます。予熱する効果により、従来タイプに比べて少ないガス消費量で加熱でき、エネルギーをムダにすることなく、95%もの高い熱効率を実現しました。



「エコジョーズ」のメリットA
  ガス代がお得    ガスの使用量を13%カット

排熱の有効利用で、家計にうれしい
画像クリックで拡大
eco_jozu_setsuyaku.gif熱効率がアップすると使うガスの量も13%カットに。従来型と比較して年間約10,500円の節約になります。また、この効果は、例えば200万世帯が「エコジョーズ」を使うと1年間でタンカー1隻分の天然ガスを節約できる計算になります。



「エコジョーズ」のメリットB
  環境にやさしい    温暖化ガス CO2を13%削減

環境に配慮したお湯づくりができます。

地球温暖化の一因となるCO2排出量を従来タイプの給湯器に比べ大幅に削減。エコジョーズ1台で、年間約145kgのCO2の排出量を削減できます。

CO2_cut.gif


お湯を使用していないとき

「エコジョーズ」のメリットC
  電気代がお得    待機時 消費電力が1.8〜2.0W

待機電力もカットして、またまた節約

リンナイの「エコジョーズ」は、待機時消費電力をわずか2.0W以下に低減。この数値は従来品の約半分以下に相当します。
災害時伝言ダイヤルのご利用方法
 災害時伝言ダイヤルは災害発生時のみ利用可能になる「声の伝言板」です。このサービスは、電話がつながらない時にも利用することができ、安否確認に役立ちます。自宅の電話や公衆電話、携帯電話から利用できます。

■ 災害時の伝言ダイヤル「録音方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「1」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
■ 災害時の伝言ダイヤル「再生方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「2」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
※伝言は、自宅の電話番号を知っているすべての方が聞くことができます。聞かれたくないメッセージを録音する場合はあらかじめ暗証番号を決めておく必要があります。