弊社の地域(社会)貢献について

少子高齢化の進む地元の高齢者を守るため、弊社は社会(地域)貢献として、多治見市の『孤立死ゼロ/虐待死ゼロのまち協力隊』活動に参加し、日々の活動の中でお会いする高齢者に注意を払っております。

スクリーンショット 2017-05-23 16.49.18.png

また、高齢者が被害に遭う交通事故や特殊詐欺を始めとする犯罪被害の防止に加え、近年増加する認知症を原因とする行方不明者の早期発見を図るため、一般社団法人岐阜県LPガス協会と警察が連携して、高齢者の安全対策に取組み、高齢者が安心して暮らせるまちづくりの推進を図るため、「高齢者の安全に関する協定」を締結いたしました。
弊社はその協会の会員として協力をしております。

且つ、多治見警察署とも「シルバー・セーフティ・アドバイザー制度」にも協力し、委嘱を受けた社員が日々の活動の中で高齢者の交通安全のお手伝いをしております。

スクリーンショット 2017-05-23 16.23.08.png(岐阜県警と岐阜県LPガス協会・締結式)

 

スクリーンショット 2017-05-23 16.25.29.png
(シルバー・セーフティ・アドバイザー委嘱式)

 

スクリーンショット 2017-05-23 16.30.54.pngスクリーンショット 2017-05-23 16.31.36.png

災害時伝言ダイヤルのご利用方法
 災害時伝言ダイヤルは災害発生時のみ利用可能になる「声の伝言板」です。このサービスは、電話がつながらない時にも利用することができ、安否確認に役立ちます。自宅の電話や公衆電話、携帯電話から利用できます。

■ 災害時の伝言ダイヤル「録音方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「1」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
■ 災害時の伝言ダイヤル「再生方法
  1. 「171」をダイヤル
  2. ガイダンスに沿って「2」をプッシュ
  3. 自宅の電話番号を市外局番から入力「××××−××−××××」
※伝言は、自宅の電話番号を知っているすべての方が聞くことができます。聞かれたくないメッセージを録音する場合はあらかじめ暗証番号を決めておく必要があります。